FC2ブログ
MMOのプレイ日記です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いい時代になりそうだ。
2009年06月18日 (木) | 編集 |
最近いい展開してるなと思う漫画。

「カジテツ王子」

ヤングジャンプに連載中のギャグマンガ。
その名のとおり、
カジテツ=ニートが主人公の漫画。

ギャグ一本だったんだが最近ストーリーが。

ニートでもいい。
でも働くのも悪くない。
そう思わせてくれる。

ニートのいいところ。
人の辛さを知ってること。

社会の辛さなんてしったこっちゃねぇ。
親の家族の辛さなんてしったこっちゃねぇ。

でも自分が辛いのはよく知ってる。

だから他人の事がわかったとき、
なおかつその他人を助けてあげたいとおもったとき、
思いもよらぬ力を発揮できるものだ。

だがこいつは、
「条件」がそろわねばならないということ。

なんだ、別に立ち上がれといってるわけじゃない。

そういう場面にもしであったら、
なんかうれしくなるじゃないか。
それだけである。

なるほど。
人の生き方は一つではない。

なら、自分の生き方を見つける?
ナンセンス。

見つけなくても生きてるんだから、
それが自分の生き方そのもの。

自分探し?
ナンセンス。

探さなくても、
もう自分はそこにいる。

自分がいいと思うことをやるべき?
エクセレント。

利己的?なにそれおいしいの?
自分ひとりずっと幸せなんて有り得ない。
その分誰かが幸せをどっかで失ってる。

だからって自分は幸せ失いっぱなし?
ナンセンス。

たまには自分の幸せも目指してみ。

なかなか幸せになれるもんじゃないが。
じゃあたまにどころか、ずっと目指してみ。

たまには当たりもあるんじゃないか。
そのたまにで、充分じゃないか。
たまにだったら、誰かもたまにしかその分不幸にはならないじゃない。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。