FC2ブログ
MMOのプレイ日記です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ぬこちゃまよ永遠に。
2009年03月16日 (月) | 編集 |
さて、自分ついに就職が決まりました。
といってもただの焼き鳥屋の一店員であります。

しかし、これをあえて、
僕は「奇跡」とよぼうとおもいます。

「あ」しかしゃべれない時期もありました。

頭が真っ黒になって、
そこに赤い染みがにじんでいく。
そんなイメージばかりを描いていたあの頃。

自殺もした。
SEXもした。
ケツだってほられた。
人も殴った。
殴られた。
血がでるまで人の体を握りつぶした。
酒も飲んだ。
死にそうになるまで飲んだ。
血ゲロも吐いた。
裏切られることを知った。
それでも尚、人を裏ぎった。
金を盗った。
親を殴った。
・・・
なんだってやった。
やってやった。

あとは死にきるだけ。
そんな思いで毎日を過ごしてきた。

働くなんてそんな・・・
そんなこと自分にはできないと思ってた。

飲食は決して行き当たりばったりというわけでもなかった。
小さい頃、自分は絶対殺されるんだと思ってた。
米に少し黒ずんだなにかがついていたなら、
それは毒だと思った。
そして、自分はそれを気付きながらも、気付かないふりをして、
そのまま死んでいくんだと。
毎日そういう思いで家の飯をくってた。
口に運ぶたびに、死を受け入れるとういう作業をしていた。

だから外食は、
みなが思う以上に、本当に僕にとっては至福の時でした。
このご飯には毒なんてはいってない。
この人たちは僕を殺そうとおもってないんだから。

おいしかった。
どうしようもなく、おいしかった。
8人前を食べたこともあった。

だが、当然のごとく、
僕はあばらが見えるほどやせこけていた。
家では食べようにも食がすすまないからである。

孤食というのをご存知だろうか。
一人で食べると、その寂しさから栄養の吸収率がさがってしまうというものだ。

だが、僕は違った。
一人で食べる飯ほどおいしいもんはなかった。
おいしいものをおいしいと言える。
気持ち悪い話かもしれないが、
本当に僕はおいしいだとかいうめぇだとか、口にしながら一人で飯を食ったものだ。

残念ながらというかなんというか、
それだけ、 僕はほかの人にくらべて、「食」というものにかなりのコンプレックスがあった。

だから、その外食をプロデュースする立場に立てるということは、
本当にうれしいことだと思ってます。

僕はこの記事を書きながら泣いている。
感動しているのか。、
それとも自分の不幸話に涙しているのか。

後者だ。
僕はそういう人間だ。
自分の不幸話を思い返しては涙する。
そういう人間だ。

駄目か?
駄目じゃないなんていわない。
駄目でいい。
駄目だってい。

駄目だったら悪いか?
悪い。
悪くっていい。

僕は駄目だから悪い人間だ。
だがそれでもいい。

死ぬことができかった。
もう自殺はできない。
確信している。そんな気力がどこからもわいてこない。
もしも、沸いてきたら。
その時は確実に死ねる方法をとって死のうと思う。

こんな感じでいlき続けてる。
今も、息をして、心臓をうごかしていき続けてる。

今日は疲れたのでまた続きは今度書きます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時代に住んでいたマンションにもどり、そのマンションには実家の母親が月の半分ほど宿泊していて、子育てを手伝っているのだそうです。
2009/06/07(日) 12:48:59 | ※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
高島彩 ニャンニャン ゆず 高島彩 高島彩 北川悠仁 高島彩 結婚 高島彩 北川 高島彩 画像 高島彩 ニャンニャン 高島彩 動画 高島彩 ブログ 高島彩 ...
2009/07/22(水) 13:06:58 | 高島彩&ゆず(北川悠仁)ニャンニャン動画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。