FC2ブログ
MMOのプレイ日記です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 最近のMMOに対してのぼやき。
2008年08月06日 (水) | 編集 |
やっぱりアークロードは40こえてからものっそいモチベさがるので・・・、
最近範囲狩りメインのゲームおおいなぁ・・・
単体狩りメインのゲームまたほしい。
今んとこ単体最高峰は天道かな。
天道も範囲狩りできるけど、条件がちょっと限定されすぎてる。
魔道が数人いないといけないし壁に範囲タウントがない。
そこで斬が罠で足止めしてみたり、弓が風圧うったりとかいろいろ発想があるところは面白い。
ただ、宣伝が甘かったのでいまさら新規が増えないのが難。
国際鯖でも一度みてみるか・・・とか思いつつも、
どうせ国際鯖はPKerが豊富だろうからめんどくさい。

最近のMMOの流れは・・・
3D
スキル派手
範囲狩り
Lvキャップが100じゃない
対人戦が多人数形式

この辺が重視されてるかんじ。

個人的に対人熱かったのはカバル。
カバルは多人数の戦争も面白かったが、
なにより対人鯖の対人がめっちゃ熱かった。
名前は伏せられてて、国家は事前に決まってるので襲う対象はきまってる。
スキルの特性というのはあまり重視はされてないが、
アクション性においては狩りゲーの域をおおいに脱していた。
ただ装備でかなり差がでるのが難。

あーあとついでに思うのがスキルの特性みたいなのが、
なんか少ない気がする。
狩り方の幅が広がらないというか・・・
PTしてもソロしても単体しても範囲しても経験値があんまり差がでない仕様
ってのがやっぱりない。

なんだかとにかくタイトルが増えて、
糞ゲーがものっそい増えてる感じ。

ちょっと面白かったシステムを並べてみる。

ロハンの赤ダン。
名前が伏せられ、PKでも経験があがる。ただし種族限定。

グラナドエスパダのPTプレイ。
一人で3人まで操作できる。&ほぼ放置狩り可能。

シルクのEUPTプレイ。
狩り幅がそこいらのPTゲーにくらべると広かった。
自分はヲロクをやっていたので余計にそう感じた。
ただ中華やソロとの経験の差があまりにもひどかったのが難。

天道の経験テーブルとスキル
うまくやればそこいらのPTよりもソロで効率を出すことが可能。
スキルにも個性が多かった。
バグとして修正されてしまったが、弓の風圧引き戻しは面白かった。

カバルのコンボ
スキルのモーションをキャンセルするコンボシステム。
特に派手なスキルモーションとあいまって、爽快感を生んだ。
フェードステップとダッシュもさりげにいい発想だったとおもう。

FEZの対人システム
対人にしぼっただけあってやはり対人アクションの最高峰。
どの職もまさに使い方次第。

SUNのプライベートダンジョンシステム
何も紹介しないのはかわいそうなので。
他のゲームにもあるにはある。

総じてPTMのあるゲーム
PTマッチングシステムがあるのはやはり秀逸。
一番使いやすかったのはシルクのかなー・・・

デカロンのMOB占有判定。
一定ダメージを与えることでMOBを自分のものにできる。
また、その表示がでる。

武勇伝2の対人システム
さりげに一番はまったゲーム。
今はもう無く、知る人もかなり少ない。
口で説明するのは難しいがほんとに面白かった。ちなみに2D

TWのレアアイテムドロップ方式
いい音が出るw
この音がでたときはほんとに幸せな気持ちになれた

ストーンエイジのPTとペットシステム
モンスターファームオンラインなんかよりもはるかに昔に出ていたペットゲー。
さりげなく2もでてるが過疎もいいとこな模様。
PTの際に、リーダーだけが動けばみんなそのあとを付いていくというシステムだった。
MOBとは珍しいエンカウント方式。

完美世界の飛行システム
30LVなると空をとべる。
ぶっちゃけそれを達成してあきる部分もあったが、
自然物の作りこみがよかったので景色がとても綺麗。
クエストが多すぎたのは個人的にはう○こ

夢世界の騎乗システム
40Lvからペットにのりながら戦闘できる。
スキルのダッシュスキル以外全て普通に使える。
ペットにのったときようにモーションももっと増やせばもっとよかったのかも。

三国志群英伝の配下育成システム
システムは面白そうなものだったのだが、幅のせまさ、
グラのあまりのしょぼさによってくそげー扱いに。
それでも宣伝だけは一人前。

実はラグナロクだとかリネージュたとかFFとかはやってない。
どうなんだろうね。面白いのかな。

ァーいいゲームでないかなぁ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
オンラインゲームで使う便利な装置があります。
自動でハンティングもしてアイテム関連機能もあります。
どうしても長時間ゲームすることになる特性があるので結構役に立つだろうと考えられます。
詳しいのは下記の住所に入ってみて下さい。

http://www.automouse.jp
2008/09/04(木) 11:22:58 | URL | Gamer #Sts9A5QI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。