FC2ブログ
MMOのプレイ日記です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 おばあちゃん。
2008年05月11日 (日) | 編集 |
おばあちゃんが昨日の夜に亡くなりました。
残念は残念だけど、
かなりの大往生だったので本人も満足してるかと。

さて、これでついに中岡家は動き出します。
おそれてた事態がついに・・・

ちょっと父親が心配です。
最後の親が死んで、
なおかつ退職したところなので、
ごっそり老けそうな気がします。

まぁそれは同時に母親も老けどころなんですかね。

うちはいわゆるアレですよ。
父親に家にいたら邪魔みたいにいうタイプなので、
もうねー・・・

どっちの気持ちもわからんことないですが、
お互いに寿命を縮めてるので見ててしんどいですw

そしてなにより怖いのが遺産相続ですね。
うちなまじ金持ちなもんで、遺産でかなり揉めそうです。

なんやかんやで大きく動きだしますね。
兄もそろそろ博士がおわるのか?
なんかそのへんよーわからんがそういう時期っぽい。
父も母も老けて、、、
残るは俺ですな。

この流れうまく舵がとれるかどうか・・・
難しい世の中です。
心理学は最近はやってるけども、
これ個人的な意見なんですが、
カウンセラー(臨床心理士)の数を増やすのには反対です。
もちろんあってもいい職だし、なくてはならない職でもあるんですが、
これの数を増やしすぎることはどうしてもいかんのです。

小学校の頃いいませんでしたか。
「おまえ頭おかしーんちゃうん。精神科いってこいよ(笑)」
みたいな。
不謹慎に聞こえますか。
でもこれでいいんです。
これだからみんな普通に生きていけるんです。

精神病は空気感染とかする病気ではないはずですが、
明らかに感染します。感染というよりは誘発します。
逆転移や巻き込まれのことかといわれればまぁそうなんですが。
こういう言葉が一般に浸透してしまうことがどれだけ恐ろしいことか、
それが偉い人にはわからんのです。

人間だれしもが悩みをもっているものです。
その悩みが病気として表現されるのか、それともいい経験として処理されるのか、
そういうのはすべて周りの環境が決めます。
心理士の数を増やし、その知識の中で一般化されるものを増やすということは、
これは同時に心理疾患的なものの誘発率を高めることに他ならないのです。

そしてこの誘発ラッシュから表にでる問題とは、
真偽の判断の難しさ。
これにつきます。
情報があふれるほど、どうしても嘘がでます。
必ず出ます。
そうしなければ他に勝てないからです。
それが情報化社会の欠点です。
小さい話では学校を休みたいから病気のふりをするだとか、
今までは明日風邪になろうとおもって腹だして寝てたのが、
今日は鬱だから学校休みたいとかいうようになるんですよ。
これまじ恐ろしいです。
大きい話でいうと心理カルトとかですね。
今でもありますが、さらに「にわか」を取り込むための組織が組まれるでしょう。

僕はそんな時代に心理士として生きたくないです。
だからめっちゃまよってます。
院にいくのか就職するのか。
まぁ結局自分の心配っすw
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。