FC2ブログ
MMOのプレイ日記です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 なんだってこんなに。
2008年04月16日 (水) | 編集 |
なんだってこんなに悲しいんだろう。
子供も大人も犯罪をおかして、
それを冷たい眼でみて。

その眼の種類は家畜を見る眼。
我々はその少年を食している。
これは殺されるとかそういうことじゃなくて、
人間としての悪い部分をたくさん、
そうたくさんもてるだけもって彼はいなくなってしまう。
いや、もうもてなくなったからいなくなってしまうのか。
極端に言うならば彼によって我々は健康に生きる。

我々は彼を牛のように神とあがめることもできないし、
シャーマニズム的な要素で魂をしずめることもできない。
ましてや許すこともできない。

被害にあった人達の傷は癒えぬものになり得るし、
その傷をつけた彼を我々は決して許してはならない。
それが治安というものを作る法であるから。

僕たちができることはなんだろう。
時々の感謝?そんなものがいるだろうか。
その人の分まで生きる。
こんなたいそうなこともできやしない。
こういうの言いたいならこれだろう。
その人の分まで生きてた。
おわってからそういう部分もあったかなっていう捉え方。

いうなれば人間の間引き。
こんなことが許されるのか?
許される許されないじゃない。
ただみんな必死に生きてる。
犯罪というものを犯したときも、彼らはいかに必死だったことか。

僕たちになにができる。
こんなことを思い浮かべて、泣くのか?
行動をおこす?本をかくか?
いや、その人を否定する。
そんなことやっちゃいけないんだ。
この人でなし。
これくらいいってやる。
でもせめて、口に出して言わない。心の中だけに留めておく。
僕にできるのはこれくらいだ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。