FC2ブログ
MMOのプレイ日記です。
 これはまた一つの転機なのだろうか
2010年07月28日 (水) | 編集 |
と思ってみたり。

仕事のことやこれからのこと。
もっと明確に決めていかないといけないのかな。

今の状況がどうなるにしろ、
これからの方針ってやつが必要なのかもしれない。

たとえば今の仕事。
続けるのか続けないのか。
続けるならどう仕事に向かうか。
続けないなら、どういった仕事に向かうのか。

このままほっとけば、
勝手に1番手になる。
その感覚はあるけど、
その時どういった1番手であれるか。
そこが問題。
また、1番手にならないという選択肢もあり、
それもまた良い選択の一つでもある。

やっぱりそんなこんなは、
最終的な重みで決めてしまう。
その重みに価値が果たしてあるのか。
軽いほうへ軽いほうへ、
そうやって流れていく。

その重みを背負う理由。
それには人それぞれの理由があって。

僕にはその理由がない。

だからいらない。なにもいらない。

でももし理由が突然できてしまったら。
なにもかもが欲しい。

そしてその時はきっとすでに、
もうなにも得られない。

だから今からでもって得れる準備を。

僕にできるかというと。
できない。
できるけどしないとも言う。

でもつまるところ、総合して言えば、
できないに限りなく等しい。
できることが不可能に近いということ。

要は未来への投資ができるかということ。

未来ってなんだ。
限りなく現実に近いそれはどうしても実感にはいたることができない。
同時に確信をもった根拠になりえないことを示すわけで。

足りないのは確信。
信じるということ。

見えた未来を信じ、それを事実にするということは、
いわゆるクリティカルヒット状態。
その力は限りなく大きく、その流れは大いなるものとなる。

未来を見ることはとても簡単なことで。
それを事実にすることすら簡単なことで。
ただそれを信じないということは、
常にミス状態なわけで。

言ってるそばから次々と未来が現実にかわっていく。
その速さは歳をとるにつれ速く。
より速く。

時間が、なにもかもをさせてくれない。

つまるところ、
こちらもより速く。
速く。より速く。
そういうことらしい。

もっと速く。誰も追いつけない速さまで。
音速、誰の声も聞こえない速さまで。
光速、誰の姿も見えない速さまで。


スポンサーサイト




 お、なんだこれ
2010年07月09日 (金) | 編集 |
なんかしらんけどおれんちに人がおる

なんか僕が浮気相手だけど、たまにうちくる
へんなやつ><

ま、おれもへんなやつかー。

噛まれるっていいよね。
痛みって感じるもんね。

あー、他人と同じ世界に生きてるんだなって実感する。

で、その跡みて、もっかい感じるんだよね。
他人っていう存在を。

否、そうしないと感じることができないんだよね。
他にどうやって感じたらいいかわかんないんだよね。

人との付き合いが苦手な人ってこうなんだろうね。
なんか苦手同士だとそれも感じる。

他人を感じるのが久々すぎていろいろ考える。
でも傷つきたくないから今のままでいい。

もっと自分に言い訳ができる状況が欲しい。
仕方ないよ、~なんだからっていう。
でないといくらでも傷ついて、うわぁーってなって。

もうそういうのやめたい。
だからやっぱり今回もバリア。

書いてて笑ったw
なんだやっぱ今回もバリアかw

嫌いじゃないけど、
好きにはなりたくない。

あーもう、そうやって顔に手を当てられるとまた感じてしまう。
かき乱されて、
久々の感覚で、ぞわっとして。

そうやってどっかで飢えてる自分がいやだ。
どんなけ言いつくろってもただの♂
分類の中のただの1
特別でもなんでもない存在。

久々に現実に帰ってきたらしい。
おかえり僕、おれ、ぬこ。